C15

「C15」は、特別なハイパフォーマンスモニターとして設計されただけでなく、状況に応じてサイドフィルやフロントスピーカーとして使える拡張性を持ち、他のTW AUDiO製品ともベストマッチの相性をキープできるスピーカーです。コアキシャルホーン構造の2ウェイモニターでロープロファイルハウジングを搭載。どのような環境のステージでも「目立たず」「エレガントに」「周囲と調和した」ウェッジ特有の条件を満たします。
内部構造は、ホーンにM Series同様BMS手法を用いて詳細なシミュレーションを施した特注ホーンを採用し、水平70°×垂直55°の拡散角度は必要に応じホーンをローテートすることで逆転することが可能。内部のクロスオーバーは非常に正確なコヒーレント位相特性を誇り、絶妙なクロスオーバーを設定することで特にボーカル帯域での再現性とダイレクト性を引き出すことが可能です。

 C15     オープンプライス

製品仕様
ユニット 1×15″ LF/1×1.4″ HF コアキシャル
周波数特性 55 – 17,000Hz
許容入力 (プログラム / ピーク) 800W LF / 320W HF(バイアンプ) | 800 / 1600W (パッシブ)
定格インピーダンス 8Ω LF / 20Ω HF(バイアンプ) | 8Ω (パッシブ)
指向性 (H×V) in monitor use 55°×70° HF-horn rotatable
入力感度 (1W/1m) 101dB
最大SPL (1m) 133dB
コネクター NL4 1± HF / 2± LF (バイアンプ) | NL4 1± (パッシブ)
寸法 (W×H×D) 605×348×500mm
重量 23.8kg
表面仕上げ Warnex仕上げ、RALカラーオプション
アクセサリー SBC15、CaseC15、QBC15
オプション パッシブ、バイアンプ切り替え可能

関連商品

SBC15
QBC15

TW AUDiO 関連商品

CaseRF900
QBC15
CaseM12
VERA RF600
BAT24